闘志を燃やして投資を行なう|ファイナンシャルール

不動産投資の選択肢

金融商品が登場しています

最近、不動産投資が証券化され金融商品として発売されているケースが多くなりました。個人が不動産投資をしようとすると、以前は多くの資金を調達してアパートやマンションなどの投資物件を自分で探して、購入し、賃貸運営するということが主流でした。しかし、今では不動産投資に関する金融商品が登場してきたおかげで、自分で投資物件を探す手間がなくなりました。しかも、上場不動産投資信託のような金融商品の場合、1口数万円程度で投資をすることが可能です。アパートやマンションなどの投資物件は上場不動産投資信託の運営会社が探してくれますし、日頃の管理も運営会社が行ってくれます。投資主は分配金の支払いを待っているだけで良いのです。

借入をしよう

上場不動産投資信託は株式市場に上場されているため、投資口価格の変動が伴いますが、価格の変動を避けたいようであれば、未上場の不動産投資信託もあります。また、最近では共同出資の形をとってアパートやマンションなどの投資物件で不動産投資をする形も出てきました。個人としてはかなり多くの選択肢があることになります。もしも、これから不動産投資を始めようとしているのであれば、まずはこのような金融商品から初めて、不動産投資に関するノウハウを得てきたところで、中古ワンルームマンションや1棟アパートにチャレンジしてみるのも良いでしょう。実物不動産には借り入れができるというメリットがありますから、効率的に運用をしたいと考えているのであれば、どこかのタイミングで実物不動産を取り入れた方が良いです。