不動産投資の選択肢

不動産投資が証券化され金融商品となったことで、個人の不動産投資の選択肢はとても多くなりました。しかし、借入をして1棟アパートなどの投資物件を買うということにはレバレッジを効かせることができるというメリットがあります。

もっと知ろう

株価算定の流れ

株価算定とは、奥が深いというか結構難しいものでして、市場で取引されている上場株式でさえ実態を反映しているのか疑問を持ったりするわけです。それが非上場株式となればなおさらで「えいやー」みたいなところがあることになります。

もっと知ろう

知っておきたい事

fxの初心者は必ず公式サイトなど調べる事が大切になります。相場の動きはどんな人でも最初は分からないので、お金を掛けない取引から始めて見ましょう。キャンペーンなどがある場所を狙っておく事も大切な事です。

もっと知ろう

私設年金とは何か

成功できる投資を行なうためにも投資物件のアパートについてよく調べてみましょう。物件検索サイトについてはコチラが参考になりますよ。

公的年金と私設年金の違い

日本の年金制度は、自営業が入る国民年金、会社員などための厚生年金、公務員などは共済年金というように、公的な年金は区分されています。しかし、どの公的年金でも基礎年金部分は共通で、これが1階部分と呼ばれています。 ところが、厚生年金や共済年金では、基礎年金部分に上乗せされる部分も含んでいますので、この部分を2階部分といいます。ここまでが、公的年金ですが、それ以外に個人的に加入する年金を私設年金といいます。 私設年金には、国民年金基金や厚生年金基金、確定拠出年金などがよく知られています。しかし、個人的に不動産投資をしたり、国債などの債券や株式などに投資して、そこから得られるリターンを私設年金にする例もあります。

個人的な年金の種類とは

私設年金としては、国民年金基金や一般の保険会社が販売している年金形式の保険に入る方法があります。これらは、毎月の賭け金や将来受け取れる年金額があらかじめわかりますので、私設年金としては堅実なやり方でしょう。 これに対して、投資色が強い方法もあります。例えば、高金利の外貨建て預金したり外貨建てMMFを購入する方法や、株式の直接投資や投資信託の購入、不動産投資など、自分自身で投資先などを決める少しリスクのあるやり方も私設年金として利用できます。 中でも不動産投資は、家賃収入を将来の私設年金にできることやローンを組んでいますと生命保険の代わりにもなること、さらに所得税や相続税などが有利になりますので注目されています。